銀座の眼科

先進医療認定実施施設・各種保険取扱い
  • 0120787872
  • 0362284200
お問合せ受付時間 9:30〜19:00

MENU

clinic

クリニック
案内clinic information

設備・機器

アマリス1050RS

アマリスは、ドイツのシュウィンド社が誇るエキシマレーザーで、その最新モデルが「アマリス1050RS」です。アマリスは、数あるエキシマレーザーの中でも、全てにおいて性能が優れており、世界中の眼科医からも高い評価を得ています。 アマリスは、世界最速の照射スピードを誇り、他のエキシマレーザーの1秒間に10~20発のレーザーショット数と比較すると、1秒間に1050発のレーザーショットを実現しています。そのため、手術時間が大幅に短縮され、安全性が向上し、多くの患者様が恩恵を得ています。また、エキシマレーザーには、手術中に目の動いた時に、その動きを追尾してレーザー照射できるアイトラッカーが搭載されています。大半のエキシマレーザーは、縦軸と横軸の平面的な2方向(2次元)の動きにしか対応していませんが、アマリスは、眼の回転や傾きなど立体的な動きにも対応しており、8方向の眼の動きを追尾してレーザーを照射することができます。これを8次元アイトラッカーといい、日本初の最新鋭機種として冨田実アイクリニックに導入されます。

FEMTO LDV-Z8

FEMTO LDVは、スイスのジーマー社製のフェムトセカンドレーザーであり、その最新版が「Z8」として2014年6月に発売されました。 院長の冨田はFEMTO LDV シリーズの「Z6」「Z8」の開発にもかかわっており、LDVの現在の比較を国際雑誌に発表しています。 この「FEMTO LDV」シリーズの最大の特徴は角膜に与える負担が少ないことです。従来のレーザーと比較して、扱うエネルギー量が少ないため、目にかかる負担が最小限に抑えられ、術後の炎症リスクを抑えることが出来ます。また、スポットサイズ(照射サイズ)も1μmと非常に小さく、眼にやさしい手術が可能となりました。


手術顕微鏡

白内障や緑内障、角膜疾患などの手術用の顕微鏡です。眼科の各種手術は非常に細かい手術のため、ほとんどの手術は顕微鏡を用いて行います。


視力検査機器

どんな症状でも、眼に異常を感じたら、まずこちらのCの形をした視標を使って視力検査を行います。その後にそれぞれの別の検査を行って診断をいたします。


ハンフリー HFA Ⅱ 740〈自動視野計〉

緑内障などの視野の低下は片目づつに症状が現れるため、もう片方の目が情報を補い異常に気づかず、発見が遅れてしまうことがあります。 ハンフリーは、静的視野を検査することにより、緑内障の早期発見に非常に役立つ医療機器です。


オートレフラクトメーター〈非接触眼圧計〉

近視、遠視、乱視などの眼の焦点スポットを分析するための屈折状態、角膜形状を測定する装置です。この装置を使うことで、眼の焦点がより正確に計測することができます。


スペキュラー・マイクロスコープ〈角膜内皮細胞測定装置〉

角膜内皮細胞をデジタル画像として撮影し、細胞の数や形を測定する機器です。主に白内障手術やコンタクトレンズ装用者などに使用し、細胞の減少や変化が無いか調べる装置です。


スペキュラー・マイクロスコープ〈角膜内皮細胞測定装置〉

角膜内皮細胞をデジタル画像として撮影し、細胞の数や形を測定する機器です。主に白内障手術やコンタクトレンズ装用者などに使用し、細胞の減少や変化が無いか調べる装置です。


LENSTAR〈光干渉眼軸長測定装置〉

眼内レンズ度数を決める際の検査機です。 角膜、角膜曲率、角膜径、瞳孔径、水晶体厚、前房深度、眼軸と多くの情報を測定する機械です。


エコースキャン〈超音波診断測定装置〉

白内障手術の際に眼軸を測定し、挿入する眼内レンズの度数を確定するための装置です。 また、進行した白内障、眼底出血などで眼底が見えない場合、網膜剥離の診断の際に使用する装置です。


コントラストグレアテスター CG-T1000〈コントラスト感度・グレア測定器〉

白内障手術の前後の診断や、角膜屈折矯正手術の経過観察に使用する検査機です。 また、感度の低下(コントラスト感度)と光の眩しさ(グレア感度)を相対的に検査をする機器です。