銀座の眼科

先進医療認定実施施設・各種保険取扱い
  • 0120787872
  • 0362284200
お問合せ受付時間 9:30〜19:00

MENU

ippan

診療科目service

フェイキックIOL(眼内コンタクトレンズ)

角膜を削らない視力回復手術「フェイキックIOL」

フェイキックは、小さなレンズを目の中に挿入することで視力を回復させる 新しい視力矯正手術です。使用するレンズは生体適合性が高く、大変優れた素材で出来ていますので安心です。また、コンタクトレンズのように日々のお手入れの必要もなく、特別なメンテナンスをしなくても、長期間にわたって良好な視力を維持することができますので、「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。フェイキックの特徴は、角膜を削らない手術であることです。角膜を削らないことで得られるメリットは非常に多く、質の高い視力を期待することができます。

フェイキックIOL 5つの特徴

1. 角膜を削らないから手術前の状態に戻せる 「可逆性の手術」

視力回復手術としてはレーシックが有名ですが、レーシックは角膜削って近 視や乱視を治療します。一方、フェイキックは、角膜を削らずに視力を回復 させる治療法です。レーシックのように角膜を削ってしまうと、元の状態に 戻すことができませんが、フェイキックは、万が一何らかの問題が起きても レンズを取り除けば元の状態に戻すことができる「可逆性の手術」です。 すでに、世界70ヶ国以上で行われており、約30万人以上の方が治療を受 けていますので、その安全性と実績は十分に証明されています。

2. 角膜を削らないから 「見え方の質が高い」

レーシックのように角膜を削ると高次収差(不正乱視)が増加することがあります。特に強度近視の方は、角膜を削る量が多くなるため、高次収差の増加が大きい傾向にあります。高次収差はメガネやコンタクトレンズでは矯正できない微細な歪みで、見え方の質に関係します。フェイキックは、角膜を削らずに視力を向上させますので、手術後の高次収差の増加が少なく、非常に質の高い視界を得ることが期待できます。かつてのフェイキック手術は、レーシックが受けられない方が選択する視力回復手術というイメージがありましたが、見え方の質が高いことから、レーシックが適応となった方でも、敢えてフェイキック手術を選択される方も増えてきています。

3. 角膜を削らないから 「手術の適応範囲が広い」

レーシック手術は角膜を削って視力を回復させるため、強度近視、角膜の厚さが足りない、角膜形状に問題がある、円錐角膜と診断されたなどの理由で、手術が不適応と診断された方も少なくないでしょう。フェイキック手術は、角膜を削らずに視力を向上させることができる画期的な視力回復法のため、強度近視の方、角膜の薄い方、形状に問題がある方、円錐角膜と診断された方でも、治療を受けることができます。また、矯正できる度数の範囲が広く、レーシックでは矯正できない強度の近視や乱視の方でも視力を回復することが可能です。
フェイキックIOLは、 こんな方にお勧めの視力回復手術です
  • 強度近視の方
  • 角膜が薄い方
  • 円錐角膜と診断された方
  • ドライアイの症状が強い方
  • 質の高い見え方を希望される方
  • 角膜を削る手術に抵抗を感じている方
  • レーシック手術が不適応と診断された方

4. 角膜を削らないから 「手術のリスクが軽減される」

レーシックでは、フラップを作成する時に角膜の知覚神経が切断されるため、 一時的にドライアイの症状が現れることがあります。また、レーシックでは 術後に暗い場所で光がにじんで見えたり、コントラスト感度が低下することがあります。こういった症状は、エキシマレーザーの照射径が暗所で開いた 瞳孔サイズより小さい場合に起こる可能性があります。フェイキックは、角膜を削らないため、このような手術後のリスクが少なく、安全性に優れてた 視力回復手術です。

5. 日々のお手入れがいらない 「永久コンタクトレンズ」

レーシックでは、フラップを作成する時に角膜の知覚神経が切断されるため、 一時的にドライアイの症状が現れることがあります。また、レーシックでは 術後に暗い場所で光がにじんで見えたり、コントラスト感度が低下することがあります。こういった症状は、エキシマレーザーの照射径が暗所で開いた 瞳孔サイズより小さい場合に起こる可能性があります。フェイキックは、角膜を削らないため、このような手術後のリスクが少なく、安全性に優れてた 視力回復手術です。

フェイキックIOL(眼内コンタクトレンズ) の種類

レーシックのように角膜を削ると高次収差(不正乱視)が増加することがあります。特に強度近視の方は、角膜を削る量が多くなるため、高次収差の増加が大きい傾向にあります。高次収差はメガネやコンタクトレンズでは矯正できない微細な歪みで、見え方の質に関係します。フェイキックは、角膜を削らずに視力を向上させますので、手術後の高次収差の増加が少なく、非常に質の高い視界を得ることが期待できます。かつてのフェイキック手術は、レーシックが受けられない方が選択する視力回復手術というイメージがありましたが、見え方の質が高いことから、レーシックが適応となった方でも、敢えてフェイキック手術を選択される方も増えてきています。

フェイキックIOL 「前房型レンズ」

冨田実アイクリニック銀座で使用している前房型レンズには、オランダにあるオフテック社製のアルチザンレンズとアルチフレックスレンズの2つの種類があります。手術は、角膜と虹彩の間(前房)にレンズを固定して、 近視・遠視・乱視を治療します。すでに FDA( アメリカ食品医薬品局 ) に認可されており、安全性においても実績の高いレンズです。それぞれのレンズで、適応範囲が異なるため、目の状態に合わせてレンズを選択します。

アルチザンレンズ

アルチザンレンズは、30年以上の歴史があり、世界的にも実績があるレンズです。レンズはポリメチルメタクリレートという固い素材でできており、レンズを折り曲げて挿入することができないため、切開創の幅が約6mmと広くなります。強度近視の方に適しているレンズで、乱視の強い方には乱視用のレンズをオーダーすることもできます。
オフテック社製(オランダ) CEマーク承認番号:CE0344
アルチフレックスレンズ

アルチフレックスレンズは、レンズの光学部分がシリコン製素材できており、レンズを折り曲げて挿入することができます。そのため、約3mmの小さい切開創からレンズを挿入できますので、手術後の回復が早いことが特徴です。 前房型レンズでは、主流となっているレンズで両眼同日に手術をすることが可能です。乱視に対応したレンズもオーダーできますが、超強度近視や遠視には対応していません。
オフテック社製(オランダ) CEマーク承認番号:CE0344
フェイキック前房型レンズの手術の流れ

フェイキックIOL 「後房型レンズ」

後房型フェイキックレンズは、水晶体と虹彩の間(後房)にレンズを固定して、近視・遠視・乱視を治療します。また、新たに老眼に対応した後房型レンズが登場し、フェイキックによる老眼治療も可能になりました。後房型レンズは現在では約70ヵ国で使用されており、世界的な実績も十分に証明されています。強度近視、強度乱視にも対応する幅広いレンズバリエーションがあり、新たに開発されたホールタイプのレンズは、光学部の中心に極小の貫通孔を設けた新しいモデルで、手術前にレーザーによる処置をしなくても房水循環の維持が可能になりました。

スタンダード後房型レンズ

このレンズは、コストパフォーマンスに優れ、近視・遠視・乱視だけではなく、老眼にも対応できる新しい後房型レンズです。すでにCEマークの認定を受けており、海外での実績は豊富で、他の後房型レンズと同様に良好な結果が得られています。老眼に対応したフェイキックレンズの登場によって、老眼治療にも新しい選択肢が加わりました。
アイオーエル社製(イギリス) CEマーク承認番号:CE0434
ICLレンズ

ICLレンズは、コラマーという新しい素材で出来ており、眼内で異物として認識されにくい生体適合性に優れたレンズです。レンズを折り曲げて挿入できるため、3mm程度の極小切開で手術をすることができます。また、両眼同日の手術ができますので、通院の負担が軽減されます。虹彩の後ろにレンズを固定しますので、審美性に優れています。
スターサージカル社製(アメリカ) 医療機器承認番号:22200BZY00001000
ホールICLレンズ

ホールICLレンズは、コラマーという新しい素材を使用したICLレンズが改良された新しいタイプのレンズです。レンズの中心に0.36mmの貫通孔が開けられており、レーザーによる虹彩切開をしなくても、眼内の房水循環を確保 することができます。中心に開けられた貫通孔は、視力に影響はなく、塞がることもないので、手術後に眼圧が上昇するリスクも軽減されます。
スターサージカル社製(アメリカ) 医療機器承認番号:22600BZX00085000
ホールICLレンズに、光学部が大きくなった「EVO + モデル」が登場
2016 年9月より、レンズの大きさは変更せずに光学部だけが大きく改良設計された「EVO+モデル」 が新たに発売されました。レンズの光学部径が大きく改良されたことで、瞳孔径の大きさに左右されず 質の高い見え方を実現。特に、ハロー・グレアが軽減され、夜間視力の改善効果が向上しています。

フェイキック後房型レンズに老眼に対応した遠近両用レンズが登場

遠近両用フェイキック後房型レンズ

後房型フェイキックレンズに、老眼に対応した遠近両用レ ンズが登場しました。一般的に 40 歳を過ぎると自覚して くるといわれる老眼に対応したフェイキックレンズの登場 によって、老眼治療に新たな選択肢が加わりました。この 遠近両用のフェイキックレンズは、単焦点レンズで白内障 手術を受けられた方にも適応します。挿入された単焦点レ ンズに重ねるだけで、多焦点レンズと同じ効果を得ること ができますので、白内障手術後の老眼も治療できます。
アイオーエル社製(イギリス) CEマーク承認番号:CE0434
フェイキック後房型レンズの手術の流れ

冨田院長は、前房型レンズ・後房型レンズともに指導医ライセンスを取得しています

フェイキック手術の執刀を担当する冨田院長は、レンズの開発メーカーが認定した“指導医のライセンス”を取得しています。医師を指導できるライセンスを持っている冨田院長が、手術前の診察から執刀まですべてを担当します。技術、知識、経験、 実績がなければ指導医にはなれませんので、フェイキック手術で視力回復をお考えの方は、安心してご相談ください。