銀座の眼科

各種保険取扱い
  • 0120787872
  • 0362284200
お問合せ受付時間 9:30〜19:00

MENU

ippan

診療科目service

新しい視力回復手術「SMERT」

SMERT (スマート)

SMERTは、エキシマレーザーを使用した視力回復手術のひとつでスポーツや格闘技などの激しいスポーツをされる方や、角膜の厚みが足りなくてレーシック手術が受けられないと診断された方に適した視力回復手術です。レーシックは、エキシマレーザーを照射する前にフラップを作成しますが、SMERTはフラップを作成しないことが手技の特徴です。SMERTはフラップを作成せずに、角膜上皮のみを取り除いてからエキシマレーザーを照射しますが、よく似た術式にPRK(ピーアールケー)という視力回復手術があります。PRKの中でも、エキシマレーザーで角膜上皮を除去するT-PRK(ティーピーアールケー)が現在の主流となっていますが、SMERTは、角膜上皮を除去する工程における格段に高い正確性が特徴です。

TPRKとSMERTの違い

角膜の厚さは中央部分で約0.5mm、周辺部分で約0.8mmで、角膜の最も表面にある層が角膜上皮になります。角膜上皮の厚さは、約50μmで角膜全体の約10%の厚さになりますが、角膜の厚みにも個人差があるように、角膜上皮においても個々に異なる厚さを持っています。TPRKは、角膜上皮を取り除く際、一定の厚さでしかレーザーの照射設定ができないため、角膜上皮のみを正確に除去することができません。例えば、56μmの上皮を取り除く時には、50μmと設定しますので、6μmの角膜上皮が残ってしまいます。逆に、46μmの角膜上皮を除去する時は上皮の下にある角膜実質層を4μm削ってしまうことになります。SMERTは、OCT機能とリンクさせることで、角膜を断面で捉えることができ、個々の角膜上皮の厚さに合せて上皮のみを正確に除去することができます。視力回復手術は、マイクロメートル単位で行う繊細な手術になりますので、SMERTの正確性は大きなメリットになると言えます。

フラップを作成しないことへのメリット ・ デメリット

SMERTは、フラップを作成しないという点がレーシックと大きく違うところになります。フラップを作成しないことによるメリット・デメリットがありますが、手術の適応を的確に判断することによって、視力回復手術の有効な選択肢の一つになります。SMERTは、フラップを作成しないため、手術後は保護用コンタクトを装用します。角膜上皮が再生するまでには、数日から1週間程かかりますが、その間は痛みを感じやすい状態になるため、保護用コンタクトで角膜を保護します。角膜上皮の再生までは視力が安定しないため、レーシックのように翌日から良好な視力を実感しにくい特徴がありますが、フラップがずれたりする心配がなく、激しいスポーツや格闘技をする方に適した視力回復手術であると言えます。

SMERTの
メリット
  • ・ 手術に角膜を多く残すことができる。
  • ・ 矯正範囲および適応範囲が広い。
  • ・ 手術後の角膜強度を維持できる。
  • ・ 格闘技や激しいスポーツをする方に適している。
  • ・ 角膜強度を維持できるので、 近視の戻りが少ない。
  • ・ 角膜拡張症などの合併症が起こりにくい。
SMERTの
デメリット
  • ・ 手術後に保護用コンタクトの装用が必要になる。
  • ・ 角膜上皮が再生するまで痛みが生じる。
  • ・ 良好な視力が回復するまでに時間がかかる。
  • ・ 視力が安定するまでに時間がかかる。
  • ・ 強度近視の方は適応とならない場合がある。

8Dアマリス1050RSによる 「SMERT」

SMERTの手術は、OCTスキャンで測定した角膜断面のデータをもとに、「8次元アマリス1050RS」を使用して手術を行います。8次元アマリス1050RSには、手術中の目の動きをあらゆる方向で追尾し、正確な位置にレーザーを照射することができる「8次元アイトラッカー」をはじめ、高次収差を増加させない最先端の照射プログラム「アベレーションフリー」やレーザー照射中の角膜状態を執刀医がその場で確認できる「リアルタイム・パキメトリー」など最先端の機能が搭載されています。アマリスが誇る「SMERT Pulse Technology」を採用したSMERTは、より正確でより精密なレーザー照射を可能としています。レーザー照射後の角膜表面も非常に滑らかに整えられ、アマリスの持つ手術の正確性が新しい視力回復手術として登場しました。

SMERT(スマート) の手術費用

当院では、8次元アイトラッカーと高速クロスリンキングシステムを搭載した「8元アマリス1050 RS」を導入してSMERTの手術を行っています。角膜強化法を併用することもできますので、近視や乱視の程度や角膜の厚みに応じた手術プランをご用意しています。

SMERT 手術プラン 費用
SMERT 25万円 (両眼/税抜)
角膜強化型SMERT 33万円 (両眼/税抜)

8Dアマリス1050RSによる 「SMERT」

SMERTの手術方法

SMERTは、フラップを作成しないで、近視・遠視・乱視を矯正する視力回復手術です。まず、OCTで角膜上皮の厚さを測定してから、エピセリアルマップに従ってオートマチックでエキシマレーザーの角膜表面照射を行い、角膜上皮のみを正確な厚さで蒸散させます。その後、角膜実質層にエキシマレーザーを照射して、近視・遠視・乱視などの屈折異常を矯正します。レーシックは、約100μmのフラップを作成しますが、SMERTはフラップを作成しないため、その分だけ手術の適応範囲も広くなり、角膜実質を多く切除でき矯正量を増やすことも可能で、角膜の厚さを温存できる視力回復手術です。

  • OCTによる角膜厚の測定

    OCTで角膜の断面を測定して角膜上皮の正確な厚さを確認します。
    ※SMERTではOCTでの正確なデータをもとに手術を行います。

  • 点眼麻酔

    局所麻酔薬を点眼します。
    ※点眼直後は、 少し沁みる感じを受ける方もいらっしゃいます。

  • エキシマレーザーで角膜上皮を除去

    オートマチックでエキシマレーザーの角膜表面照射を行い 角膜上皮を除去します。

  • 屈折矯正

    エキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正します。 当院で使用する8D アマリス1050RS は、 目の動きに対応出来る 8 次元アイトラッカーを搭載しています。

  • 角膜強化法

    ビタミン B2 を点眼しながら紫外線を照射して角膜強度を向上させる角膜クロスリンキングを施します。
    ※この工程は角膜強化型SMERTの工程になります。

  • 手術終了

    消毒後に、 保護用コンタクトレンズを装用して手術は終了です。
    ※手術は両眼5分程度で終了します。