銀座の眼科

先進医療認定実施施設・各種保険取扱い
  • 0120787872
  • 0362284200
お問合せ受付時間 9:30〜19:00

MENU

ippan

診療科目service

ドライアイ

涙は、悲しい時や感動した時に流すだけではなく、日頃から目の乾燥や異物の侵入を防ぎ、目を守る働きを担っています。この涙の量や涙の質に異常が生じると、目の表面を潤す機能が低下して角膜や結膜に傷がついてしまうドライアイ症状が現れ ます。ドライアイには、目が乾くといった症状以外にも様々な不快な症状が現れます。また、10秒間目を開いた状態を保つことができない場合も、ドライアイの可能性が高いといわれています。ドライアイの症状には、軽度な症状から重症例まで様々ありますので、目に異常を感じたら、早めに眼科を受診して適切な治療を受けることが大切です。

ドライアイの原因

目の表面は常に涙で覆われており、乾燥あるいはゴミや細菌の侵入から目を守ってくれています。ドライアイは、「涙の分泌量の不足」と「涙の質が低下」することが主な原因として起こります。ドライアイになると、異物の侵入や 瞬きによる摩擦などの影響を受けやすくなり、角膜の表面が傷つきやすくなります。また、環境的な要因でドライ アイ症状を引き起こすことがあります。パソコン、エアコン、コンタクトレンズは、日常的にドライアイになりやすい環境を生み出している「3コン」と言われています。現代社会では、パソコンや携帯電話の急速な普及、テレビゲームやポータブルゲームの流行など目を酷使しやすい時代であると言えます。そのため、ドライアイ症状を訴える人の数も増加傾向にあり、昔は年配の方に多い特徴がありましたが、若年層のドライアイ患者が増加しています。

ドライアイの種類

ドライアイには、涙が大きく関係していますが、その発症原因によって3つのタイプに分類されます。涙は、ムチン層、涙液層(水層)、油層の3つの層で構成されていますが、この3つの層のいずれかに異常が起こると、涙の構造が崩れてドライアイの症状を引き起こします。他にも、免疫疾患などの病気によって起こるドライアイがありますが、他の病気によって生じるドライアイは、症状が重くなる特徴があります。ドライアイの治療は、その原因によって異なりますので、異常を感じた時は眼科を受診して適切な治療を受けることが大切です。

涙の構造

蒸発亢進型ドライアイ (涙の質の異常)

涙は多層構造になっていて、私たちの目を守っています。これを涙液層といい、涙を目に定着させるムチン層、栄養を与えて角膜を保護する涙液層(水層)、水分の蒸発を防ぐ油層の3つの層で構成されていて、この涙の膜が目の表面を覆うことで乾燥を防いでいます。蒸発亢進型ドライアイでは、涙膜の油層を作っているマイボーム腺という組織 に異常があり、油分が十分に分泌されず、涙が蒸発しやすくなります。この症状をマイボーム腺機能不全と言い、ドライアイ症状の約8割以上を占めていると言われています。また、VDT作業によるまばたきの回数の減少、エアコンなどの送風・湿度の低下などの生活環境によっても涙が蒸発しやすくなります。

ドライアイ原因の80%を占めるマイボーム腺機能不全
●マイボーム腺機能不全(MGD=Meibomian Gland Dysfunction)

マイボーム腺とは、涙の蒸発を防ぐ油層を分泌している皮脂腺のことで、上まぶたに30個〜40 個、下まぶたに20個〜30個あります。汚れやメイクなどでマイボーム腺が詰まると、油分の分泌ができなくなり、涙の蒸発を防ぐ機能が低下します。

BUT短縮型ドライアイ (新しいタイプのドライアイ)
最近では「BUT短縮型」という新しいタイプのドライアイが見つかっています。
BUTとは Break Up Time の略で、涙液層が形成されてから破壊するまでの時間を意味します。通常、まばたきをすると10秒以上は涙が目の表面を覆っていますが、BUT短縮型ドライアイは、目を開いてすぐに涙液層が崩れてしまいます。通常、まばたきの後10秒以上は涙が目の表面を覆っていますが、このタイプは、目を開けてすぐに、涙の層が崩れてしままいます。原因は、目の表面に涙を定着させるムチンの働きが 低下していることにあると言われています。涙は充分に分泌されているのにも関わらず、涙が目の表面全体に均一に行き渡らず、痛みや乾きが生じます。

涙液減少型ドライアイ (涙の量の異常)
涙は、ムチン層、涙液層(水層)、油層の3つの層で構成されていますが、涙液層(水層)の異常によって起こるドライアイを涙液減少型ドライアイと言います。私たちの目には、刺激を受けたり、乾いたりすると、反射的に涙を分泌して涙の膜を安定させる働きがあります。正常な状態だと、一時的に目が乾いても、すぐに目が潤うしくみができているのです。しかし、涙液減少型ドライアイでは、『目の刺激→神経伝達→涙の分泌』というシステムに異常が生じ、涙が分泌されにくくなります。涙液減少型ドライアイは、涙の分泌量が減少することで起こりますが、加齢、病気、ストレス、お薬の副作用などによっても涙の量が減少することがあります。

ドライアイ症状が現れる代表的な疾患
●シェーグレン症候群

シェーグレン症候群は、正常な組織を自ら攻撃してしまう自己免疫疾患であると言われています。主な症状として、慢性唾液腺炎や乾燥性角結膜炎などがあり、喉の渇きや目の乾きを伴います。


●兎眼 (とがん)

兎眼は、目を閉じることができなくなり、目の表面が強度の乾燥状態になることによって点状表層角膜症や角膜混濁が生じる目の病気です。角膜潰瘍や感染症と伴う重篤な症例もあります。


●スティーブンス ・ ジョンソン症候群

スティーブンス・ジョンソン症候群は、急激に発症する皮膚や粘膜への炎症性疾患で、薬剤投与やウイルス感染が主な原因とされています。目に現れる症状としては、涙液分泌低下や点状表層角膜症などがありますが、重症例では、失明状態や角膜移植に至ることもあります。

ドライアイの症状

ドライアイの症状は、眼の乾燥だけではなく軽度な症例から重症例まで様々な症状が現れます。ドライアイと言っても、症状が悪化すると角膜移植に至ることもありますので、決して軽視してはいけません。目に異常を感じたら、眼科を受診して症状が軽いうちに適切な治療をうけることが大切です。

ドライアイの主な症状
  • ・乾燥感
  • ・眼精疲労
  • ・めやに
  • ・異物感
  • ・目の不快感
  • ・点状表層角膜炎
  • ・目の充血
  • ・流涙
  • ・視力低下
  • ・眼のかすみ
  • ・目のかゆみ
  • ・眼痛
  • ・光がまぶしい

ドライアイの検査

ドライアイの検査では、ドライアイの原因を確認するために涙の量や質を調べます。また、乾燥によって生じた角膜表面の傷の状態や他の病気が無いかについても検査を行います。また、生活環境やお仕事など、環境的な要因を取り除くことも大切ですので、しっかりと医師に相談するようにしましょう。

●BUT検査 (涙の質を調べる検査)

この検査では、フルオレセインという色素を点眼してから細隙灯顕微鏡で青い光を当てながら目の表面を観察し、涙の層がどのくらいの時間で乾燥するかを測定します。まばたきを止めると、時間の経過とともに涙が蒸発して色素が消える部分が現れてきます。この時間は、BUT(Break Up Time)と 呼ばれ、10秒以上なら正常、5秒以下ならドライアイの可能性が高くなります。

●生体染色検査 (角膜や結膜の状態を検査)

ドライアイで目が乾燥すると、角膜(黒目)や結膜(白目)に傷がつきやすい状態になります。この検査では、特殊な色素を点眼してから細隙灯顕微鏡を使って角膜や結膜の状態を観察します。傷ついた部分が染色されますので、角膜や結膜についた傷の状態を見ることができます。色素には、黄色いフルオレセインや、ピンク色のローズベンガルという色素を用います。

●シルマー試験(涙の量の測定)

この検査では、涙の量を調べます。シルマー試験紙という濾紙を下まぶたに挟んで、5分間でどれだけ涙がしみ込んだかを測定します。濾紙が濡れた長さが10mm以上であれば正常、5mm以下はドライアイの可能性があります。濾紙を下まぶたに挟むと、その刺激で涙が出てしまうことがあるため、代わりに細い糸を用いた綿糸法という方法があります。

●血液検査(他の病気を調べる検査)

涙の量が極端に少ない場合や、目の乾燥感と同時に口が乾く症状がある場合は、シェーグレン症候群など他の病気の可能性を調べるために、血液検査を行います。

ドライアイの治療

ドライアイの治療は、ドライアイのタイプや症状の程度に応じて行います。また、室内環境やパソコンの使用頻度、TVゲームなどの使用時間など、環境的要因を取り除くことも大切です。ドライアイの治療としては、点眼薬による治療や涙点プラグによる治療が一般的ですが、冨田実アイクリニック銀座では、ドライアイの大半を占めるマイボーム腺機能不全を改善させて、涙の分泌機能を正常に戻す「ドライアイレーザー療法」を導入して、ドライアイの治療を行っています。

点眼薬によるドライアイ治療
●人口涙液
不足している涙を補うために、防腐剤が入っていない人口涙液による点眼治療を行います。表面に傷がある目に対しても使用でき、副作用の少ない点眼薬です。


●ヒアルロン酸ナトリウム点眼液
角膜への水分保湿効果と角膜上皮細胞の修復効果があり、傷ついた角膜表面を改善します。人口涙液と併せて使用するとより効果的です。


●ムチン分泌促進薬
目に涙を定着させるムチンの分泌を促進する効果があります。BUT短縮型ドライアイの治療に効果があります。


●自己血清点眼
ドライアイの症状が重い場合には、患者様ご自身の血液から精製した自己血清点眼による治療を行います。ドライアイの症状が重いと、涙が不足して角膜表面の再生に必要な栄養が供給不足となります。血清点眼の成分は涙とほぼ同じ成分のため、目を潤すだけではなく、不足している栄養を補給することができるため、角膜表面の修復や涙の安定性が改善されます。

涙点プラグによるドライアイ治療

涙は、涙腺で作られて、目頭の上下にある涙点から排出されます。涙の排出口を涙点プラグで塞ぐことで、涙を目に留まらせる効果が得られます。一般的には下にある涙点を塞ぎますが、症状が思うように改善しない場合は、上の涙点にも涙点プラグを挿入します。挿入した涙点プラグは、普段の生活で外れることはありませんが、目を強く擦った時や涙点の形が変形している場合には、稀に外れることがあります。外れてしまった場合は、もう一度涙点プラグを挿入します。

ドライアイレーザー療法

蒸発亢進型ドライアイの原因である「マイボーム腺機能不全」は、ドライアイ全体の約8割を占めていますので、この機能を回復させることはドライアイの改善に直結します。冨田実アイクリニック銀座では、マイボーム腺の機能回復効果のある「ドライアイレーザー療法」を新規導入し、新しいドライアイ治療を提供しています。この治療は、すでにCEマークを取得しており、治療の効果と安全性は実証されています。

●ドライアイを原因から治療する「ドライアイレーザー療法」
ドライアイレーザー療法は、マイボーム腺機能不全というドライアイの原因を直接改善させることをコンセプトとした新しい治療法です。下まぶたにパルスレーザーを照射することで、涙の蒸発を防ぐ 油分を分泌するマイボーム腺の機能を回復させる効果があります。マイボーム腺の機能が回復すると、涙の蒸発を防ぐ油分の分泌が正常化し、涙の質が改善します。ドライアイレーザー療法は、ドライアイ症状を原因から改善することができる効果的な治療法です。

●「ドライアイ ・ レーザー療法」 の流れ

ドライアイレーザー療法は、1回目の治療、15日後、45日後の3回に分けて治療を行います。治療は、目の下部に特殊なパルスレーザーを5回照射するのみで、両眼の治療も数分で終了します。
1回目、2回目、3回目と治療を行う毎に治療効果が向上し、治療効果も長期間持続します。経過によっては、4回目の追加処置を行う場合があり、その場合は75日後に治療を行います。

  1. 治療箇所にメイクなどが残っていないかを確認します。
  2. 保護用のアイマスクを装着します。
  3. 目の下(鼻側から耳側にかけて)に 専用のハイドロジェルを塗ります。
  4. ハイドロジェルの上から専用のプローブを垂直に当てます。
  5. 目の下の鼻側から耳側にかけて5回フラッシュします。
  6. 反対側の目も同じ処置を行います。
  7. ハイドロジェルを除去して治療は終了です。
●「ドライアイレーザー療法」 の効果

ドライアイアイレーザー療法は、機能が低下しているマイボーム腺を刺激して、正常な機能を回復させ る効果があります。3回の治療を行う毎に効果が現れ、治療効果の持続期間も治療を重ねるたびに長くなります。治療後は涙の質が回復することで、ドライアイの様々な症状が改善されます。臨床試験では、81%もの改善が認められ、満足度90%という顕著な改善結果が得られています。

ドライアイの注意点と予防について

ドライアイは、涙の質や量に異常が生じていることが原因ですが、近年はパソコンや携帯電話の急激な普及、TVゲームやポータブルゲームなどの流行など、社会全体がドライアイになりやすい生活環境であると言えます。ドライアイと言っても、軽度なものから重篤なレベルまで幅広い症例が見られますので、決して軽視してはなりません。目に異常を感じたら眼科を受診して適切な治療を受けることをお勧めします。

●注意点

・コンタクトレンズは正しい使用法を守り、定期的な眼科検診を受けましょう。

・市販されている目薬には、眼科で処方される点眼薬の数倍もの防腐剤が入っているものがあり、ドライアイが悪化する恐れがあります。
・市販の洗眼剤に含まれる界面活性剤は、油分やタンパク質などの目を守る粘液も一緒に洗い流してしまうため、目を守る働きを低下させる恐れがあります。
・市販の洗眼剤で使用するカップは、目の周囲を覆うため、目の周囲の雑菌を目に侵入させてしまう恐れがあります。

●日常生活での予防方法

・長時間のVDT作業や運転では意識的に瞬きをしましょう。
・目を酷使しないように適度な休憩時間を取りましょう。
・十分な睡眠時間を確保して目を休めましょう。
・温かいタオルなどで目の周りを温めると血流促進の効果があります。
・加湿器などを用いて室内の湿度を保ちましょう。
・エアコンの設定を変えて乾燥を和らげましょう。
・花粉の時期などは、メガネやゴーグルで異物の侵入を防止しましょう。