銀座の眼科

先進医療認定実施施設・各種保険取扱い
  • 0120787872
  • 0362284200
お問合せ受付時間 9:30〜19:00

MENU

ippan

診療科目service

老眼治療

フェイキックによる老眼治療

日本初!
フェイキックで治す老眼治療

これまではフェイキック(有水晶体眼内レンズ挿入)による老眼治療は出来ませんでしたが、今回、日本で初めて当院が導入する後房型レンズを使用する、フェイキック治療により老眼治療が可能になりました。 角膜と水晶体の間に自分の水晶体を残したまま人工のレンズを挿入する手術となり、水晶体のピントの調節能力を使うことができるため、安全で見え方の質も高い治療法です。老眼鏡の遠近両用レンズと同じように、遠近両用に対応した眼内レンズをあなただけのオーダーメイドで作成し挿入します。わずか数ミリの眼内レンズが老眼鏡と同等以上の働き日常の快適さをもたらします。万が一不調などが起こった場合には取出・交換も可能といった、可逆性のある安心な視力矯正手術です。

使用するレンズ

後房型レンズ


水晶体と虹彩の間にレンズを挿入します。米FDA・日本の厚労省ともに承認済です。光彩の中にレンズを埋め込むため、外から見えず審美性は良好です。遠視・近視・乱視・老眼と幅広く対応しているので、ほとんどの視力矯正が可能です。

見え方の質も向上


強度近視の方がレーシックを受けた場合
強度近視の方がレーシックを行うと、角膜なわずかな歪みが大きくなり、ぼんやりとした見え方になってしまいます。



強度近視の方がフェイキックを受けた場合
強度近視の方がフェイキックを行うと、角膜を削ることがないので、角膜の歪みもなく、クリアな視界を実現できます。

後房型レンズ挿入の手術の流れ