銀座の眼科

先進医療認定実施施設・各種保険取扱い
  • 0120787872
  • 0362284200
お問合せ受付時間 9:30〜19:00

MENU

LASIK(レーシック)

レーシック治療の流れ

適応検査を受けていただきます。

まずはレーシックを受ける前に、適応検査を受けます。これは簡単にいえばレーシック手術をすることに問題がないかどうかを調べるための検査です。中にはレーシックに向かない人(後述)もいますが、そういった方たちはこの段階で医師からそのことを教えてもらえるため、安心です。

レーシック手術 〜フラップ作成〜

適応検査で問題がないとわかったら、手術を開始します。手術ではまず、角膜をレーザーで0.1mmの厚さで切開し、フラップと呼ばれるフタを作ります。フラップを作成することによって術後の痛みがほとんどなくなりました。

レーシック手術 〜レーザー照射〜

次の段階では、フラップをめくって角膜実質を削ります。レーザー照射はほんの数秒で終わります。どんな目の動きにも対応出来る8次元アイトラッカーを搭載しており、精度も高くなっています。

手術終了 〜よく見える生活へ〜

角膜を削ったらめくっていたフラップを戻して手術は終了です。手術後は約30分回復室で目を休めて、医師の診察を受けて帰宅します。視力はレーシック手術終了後から回復しますが、手術後1週間程度は目を強くこすらない、テレビやパソコンは目が疲れない程度にとどめる、運動を避けるなどの配慮が必要です。1週間もすれば日常の行動に制限のない元の生活に戻ることが出来ます。

レーシックの適応について

レーシックに向いていない人

・角膜の厚さが一定以上ない人
・白内障、緑内障、網膜剥離など、角膜に何らかの病気がある人
・18歳以下の未成年

レーシックに向いている人

・強度の近視の方
・職業上裸眼視力が必要な方(スポーツ選手、モデルなど)
・メガネやコンタクトを煩わしいと感じている方

当院でレーシックに使用するレーザー「エキシマレーザー(アマリス)」

アマリスの最大の特徴は8次元アイトラッカーが搭載されていることです。
従来機は、2次元のアイトラッカーが現在も主流で、平面的な眼の動きにしか対応できませんでした。眼は球体のため、その動きは立体的です。そのため、従来機の平面的なアイトラッカーでは立体的な動きが追尾できず、照射ズレの原因でした。
アマリスのアイトラッカーは、8次元で眼の動きを追いかけますので、平面的な動きから立体的な動きまで、あらゆる眼の動きに対応しますので、正確なレーザー照射が行えます。

料金表

LASIK

術式 両眼 片眼
8次元アマリスZ-レーシック 248,000 130,000
8次元アマリス Z8-レーシック 298,000 160,000
オーダーメード8次元アマリス Z8-レーシック 348,000 180,000

遠近両用LASIK

術式 両眼 片眼
プレスビーマックス 338,000 180,000
プレスビーマックスハイブリッド 468,000 268,000