銀座の眼科

先進医療認定実施施設・各種保険取扱い
  • 0120787872
  • 0362284200
お問合せ受付時間 9:30〜19:00

MENU

ippan

診療科目service

白内障手術に使用する眼内レンズについて

白内障手術は、濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを挿入することで、明るい視界を取り戻すことができます。一般的に使用されている単焦点レンズは、近方もしくは遠方のどちらかにしかピントが合わないため、手術後は必ずメガネが必要でしたが、近方・遠方と複数の距離に焦点が合う多焦点レンズ(マルチフォーカルレンズ)が開発されたことで、手術後もメガネに頼 ることが少なくなり、快適な生活が送れるようになりました。また、近年では、近方・遠方に加えて中間距離にもピントが合う多焦点レンズ”トリフォーカルレンズ”が開発され、白内障手術の可能性を大きく進歩させ、手術後の快適性も大きく向上しています。当院では、単焦点レンズだけではなく、10種類以上の多焦点レンズを導入して、患者様の希望や目の状態に合わせて、最適なレンズを選択することができます。

エムプラスX・マルチフォーカルレンズ(2焦点)

多焦点レンズは、白内障を治療するだけでなく、老眼治療にも対応しています。

複数の距離に焦点が合う多焦点レンズは、手術後のメガネの使用頻度が少なく、裸眼で趣味やスポーツが楽しまることから、アンチエイジング志向が高まる近年では、非常に注目が高まっています。実際、先進国では、白内障手術の20%以上がプレミアムレンズを選択されています。

指導医のライセンスを持つ冨田院長が執刀を担当します

冨田院長は、3焦点レンズによる白内障手術の指導医ライセンスを取得しています。指導医のライセンスは、医師を指導する特別なライセンスであり、技術・知識・実績を評価された医師にのみ発行されるライセンスです。冨田実アイクリニック銀座では、目の状態に適したレンズを選択できるように、乱視対応のレンズを含めると10種類以上の多焦点レンズを取り揃えています。多焦点レンズによる白内障手術は、レンズの中心位置や乱視軸な どシビアなポジショニングが要求される非常に繊細な手術です。当院では、手術前の診察から執刀までを指導医ライセンスを取得している冨田院長が担当しますので、安心して手術を受けていただくことができます。

多焦点眼内レンズのご紹介

当院では、2つの距離に焦点が合う「マルチフォーカルレンズ」に加え、3つの距離に焦点が合う「トリフォーカルレンズ」を導入しています。取り扱うレンズの種類も乱視に対応したレンズも含めると10種類以上にのぼり、患者様の希望やご予算、目の状態に適したレンズを選択することができます。また、先進医療にも対応した多焦点レンズも取り揃えていますので、あらゆるニーズにお応えできるレンズを取り揃えています。なお、多焦点レンズは、検査データをもとに患者様専用のレンズをご用意しますので、まさにオーダーメードの白内障手術といえます。

スタンダード・マルチフォーカルレンズ(2焦点)

コストパフォーマンスに優れたレンズ

このレンズは、すでにCEマークを取得しており、すでに高い安全性が実証されています。仕事やプライベートでパソコンを使用する頻度が高くなっている生活習慣に合った見え方を重視した特徴があります。マルチフォーカルレンズの中でも、コストパフォーマンスに優れたレンズですが、見え方の質は他の多焦点レンズと比べても見劣りすることはありません。

レストア・マルチフォーカルレンズ(2焦点)

先進医療 対象レンズ  民間の医療保険にある先進医療特約をご利用いただけます

このレンズは、レンズのデザイン性に優れ、レンズ挿入後に目の中でレンズが回転しないよう高い安定性が保たれています。乱視の強い方には、乱視に対応したレンズもありますので、近視・老眼・乱視に対応できるレンズです。すでに、日本の厚生労働省から承認を受けている安全性の高いレンズで、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術として「先進医療」の認可も取得している、世界で最も使用実績のあるレンズです。

テクニス・マルチフォーカルレンズ(2焦点)

先進医療 対象レンズ  民間の医療保険にある先進医療特約をご利用いただけます

このレンズは、暗所・明所といった照明条件に関係なく、より鮮明な遠方視力・近方視力が得られるという特徴があります。瞳孔の大きさに関係なく遠くも近くも見やすいレンズ設計で、とてもシャープな見え方を実現しています。術後のハロー・グレアが抑えられるといった優れた特徴があります。また、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術として「先進医療」の認可も取得しているレンズです。

エムプラス・マルチフォーカルレンズ(2焦点)

このレンズは、遠方に対応した部分と近方に対応した部分に区分けされた屈折型の多焦点レンズです。特に乱視の矯正精度は非常に高く評価されており、通常の多焦点レンズと比較して50倍の精度を実現、屈折度数は0.01D刻みで矯正が可能な完全オーダーメイドのレンズです。また、光学的損失(近方にも遠方にも焦点を結ばない光の量がわずか5%)が少なく、瞳孔に入る光の95%が、遠方、近方のどちらかに焦点があうため、今までの多焦点眼内レンズより明るい視界が得られます。ただし、瞳孔の小さい方には、近方視力が出にくいレンズの設計構造的になっています。

エムプラスX・マルチフォーカルレンズ(2焦点)

このレンズは、前作のエムプラスが更にバージョンアップされた新しいレンズです。前作同様、上下に遠近の度が区分けされている設計になっていますが、遠方部分と近方部分の段差を目立たなくすることで、より自然な見え方を追及しています。そのため、目線や顔を意識して動かすことなく、より自然に遠方・近方を見ることができます。また、夜間視力においても改善されており、前作のエムプラスよりも夜間の光のにじみやまぶしさも少なく、夜に車の運転をされる方には適しています。ただし、瞳孔の小さい方には、近方視力が出にくいレンズの設計構造的になっています。

スタンダード・トリフォーカルレンズ(3焦点)

すべての距離に焦点が合う3焦点トリフォーカルレンズは、高額というイメージがありますが、このレンズはコストパフォーマンスに優れ、遠方・中間・近方と十分な見え方を手に入れることができます。すでにCEマークを取得しており、安全性においても実績があります。乱視の強い方には、乱視に対応したレンズもオーダーすることが可能です

ファインビジョン・トリフォーカルレンズ(3焦点)

このレンズは、遠方・近方だけではなく、中間距離にも焦点が合う全く新しいタイプの多焦点レンズです。すべての距離に焦点が合うトリフォーカルレンズ(3焦点レンズ)の登場は、白内障手術の新たな可能性を生み出しました。日常生活で必要な距離に焦点を合わせることができるため、手術後のメガネの使用頻度がより減少し、近方・中間・遠方全てが見える30代の視界を手に入れることができます。

スーパーファインビジョン・トリフォーカルレンズ(3焦点)

このレンズは、遠方・近方だけではなく、中間距離にも焦点が合う全く新しいタイプの多焦点レンズです。眼内への挿入後も長期間においてレンズの安定性を確保するために更にデザインが改良されたシリーズ最新のレンズです。手術後の快適な生活を可能とした多焦点レンズは、年々その需要が拡大していますが、白内障手術の新たな可能性を生み出したトリフォーカルレンズの登場で、世界的にも多焦点レンズ注目度が向上しています。

ベストフォーカス・レンズ(3焦点)

2015年、新たに登場した多焦点レンズ「ベストフォーカス・レンズ」は、すでにヨーロッパではCEマークを取得し、確かなパフォーマンスが証明されている白内障多焦点レンズです。このベストフォーカス・レンズの最大の特徴としては、従来の3焦点レンズの性能を大きく進化させ、中間視力間のフォーカスが強化されたことです。この革命的ともいえるベストフォーカス・レンズは、近方から中間、中間から遠方と非常にスムーズな視界を実現しています。独自に改良されたレンズデザインテクノロジーが、見え方と明るさを高め、低照度の照明条件下でも優れた視機能を提供します。また、視界の鮮明さを左右する角膜収差や色収差の補正を実現したレンズデザインは、眼内レンズとして最高レベルの評価を得ており、手術後に起こる後発白内障のリスク軽減をも実現しています。

ベストフォーカスレンズについてはこちら

レーザー白内障手術 「Z-CATARACT」

従来の白内障手術は、医師のハンドフリーで行うマニュアル手術であったため、正確性・安定性においては、医師の経験や技術に左右されていました。レーザーによる白内障手術は、リスクが生じる手術工程を全てレーザーで行うことができます。特に、シビアなポジショニングがもとめられる多焦点レンズによる白内障手術では、レーザー手術の正確性と安定性が多焦点レンズの性能を最大限に引き出します。当院では、フェムトセカンドレーザー「FEMTO LDV Z8」を導入して、レーザー白内障手術に対応しています。


レーザーで行う前嚢切開

従来のマニュアル手術では、医師のフリーハンドによる切開でしたので、どうしても真円にはくり抜くことができず、必要以上に裂けてしまうなどの課題がありました。レーザーによる前嚢切開は、全てコンピューター制御されたレーザーが自動的に切開しますので、真円に切開することができます。これによって、レンズの収まりが良く、手術後の見え方も良好な結果が期待できます。

レーザーで行う水晶体の分割

従来のマニュアル手術では、医師のフリーハンドによって、水晶体を分割していたため、眼内で超音波を使用する時間が長く、それだけリスクが生じていました。レーザーによる水晶体分割は、自動的に水晶体を分割してく入れますので、眼内で行う手技が短く、手術中の合併症を抑制することができます。また、超音波の使用時間も短く済むため、手術によって生じる眼の負担が軽減され、早期回復が期待できます。